鼻中隔彎曲症|西宮市苦楽園口 さいとう耳鼻咽喉科クリニック

TEL:0798-71-3387

文字サイズ TEL:0798-71-3387
拡大 標準

診療時間表

院長ご挨拶
診療のご案内
クリニック紹介
アクセス

鼻中隔彎曲症

鼻の穴を左右に分けている壁(鼻中隔)が、極端に曲がっている状態のことです。

症状
鼻がつまる、いびき、においがわからない、などの症状が出ます。頭痛、肩こり、注意力の減退、鼻血などの症状が出ることもしばしばです。アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)があると、そうした症状はさらに強くなります。
検査
「鼻鏡」という器具で鼻孔を広げ、医師が肉眼で鼻の中を観察します。
鼻中隔が彎曲しているかどうかは、この検査をすれば、すぐにわかります。内視鏡検査やCT検査が行われることもあります。
治療
鼻づまりなどの症状がひどい場合は、鼻中隔矯正手術を行います。鼻中隔矯正手術では、曲がっている鼻中隔の軟骨・骨を取り除き、まっすぐに矯正します。手術は全身麻酔下で行い、通常約1週間の入院が必要になります。